浮気調査コラム記事一覧

警戒するべきは探偵だけじゃない!!
それは誰か?当然ながらそれは浮気・不倫調査を依頼した依頼者(パートナー)です。
ですので、もっとも警戒しなければならない相手は、依頼者(パートナー)です。
なぜなら?
依頼者は探偵に調査を依頼したその時から、探偵と言う調査のプロの後ろ盾を持ち、
調査対象者(ターゲット)への内部調査が、探偵の指示のもといくらでもできる所謂探偵のエージェントになっているということになるからです。

 

なので事実、最も調査対象者からしたら危険な人物になります。
こう考えると、調査を開始されだすと実は、パートナーは最も怖い存在になりますが、
もしかすれば…ターゲットの同僚、上司、あなたを取り囲む友人、なんかも敵になってしまったりもします。

 

ターゲットの周りにいる、ターゲットの事を良く思っていない人は、その人の知りえる情報を全て話してしまうでしょう。
逆に、仲がよくて親交の深い人でさえも、正直探偵の話術にかかってしまえば、浮気や不倫の事くらいは簡単に話してしまう人がほとんどです。
例え親友でさえ、話すつもりはなかったのにいつの間にか話してしまっていた。なんでことも十分にあるでしょう。
上手な探偵からの聞き込みから逃れるすべは残念ながらないと思っていて間違いありません。

 

 

【最近最も怖いのがスマホからの情報流出】
あの超有名な不倫騒動〇ッキーの時もそうでしたよね?
浮気や不倫がばれてしまう大きなきっかけは連絡手段を解明されることから始まることが多いようです。

 

そのほとんどが、パーートナーが相手を不振に感じてきてスマホを覗き見し、それが各真意変わる。
そして、認めようとしないパートナーに対して怒りと悲しみを覚え探偵に浮気調査依頼をかけようと考える。

 

いくらスマホに解除ロックをかけていたとしても、現在では簡単な解析ソフトなども普通に販売されているので、
iPhone、アンドロイドなのどのスマホは簡単にバックアップデータごと解析ソフトによって解析されてしまうということも実際起こっています。
そしてそこから情報が漏れ、証拠が取られます。
あなたがもし、完全に浮気や不倫の証拠が取られたくなければ、最低限もう一台の携帯電話を持つべきです。
でも決してばれえてはなりません・・・。
今はWi-Fiさえあれば、タブレットも携帯電話のように使用可能ですし、格安スマホもたくさん売り出されています。

 

どんな手を使ってでも証拠を取られたくないのであれば、目には目を歯には歯を・・・と言うことで、
最終手段はコチラ側も探偵を雇い、証拠を取られないように工作してしまうこともお勧めします。でもこれは本当に最終手段ですよね。。

 

探偵が調査する方法は探偵が一番わかっているから、探偵の調査をかわすことにも熟知しているのです。
決定的な証拠を取られなければ、認めないということで今までの関係は続けられるのですから…。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

浮気調査依頼時の注意点